もっと気軽に着物を楽しむ、種類と値段の選び方

着物は高価と思っている人は少なくないでしょう。しかし、普段着慣れている洋服にも、高いものと安いものがあるように、和服にも種類によって値段に差があることは当たり前なのです。日常使いで着るものを、高級なものにすることは一般的にはあまりしないことでしょう。これはどのような衣類であっても当てはまることで、着物=高級というイメージを持つのではなく、自分がどのような目的で着用したいのかを考えることで、もっと身近な存在として捉えることが出来るのです。そのためには、なぜ価格に差があるのか、どういった種類があるのかということを知っておくことがポイントとなります。
これらの知識によって、店に並ぶ商品の本当の価値を知ることにもなり、洋服のように選ぶ楽しさも広がることにつながるのです。

かかる手間の差が価格にあらわれる

高級和服の価格というのは、かかる人の手数によっても大きく異なります。人の手をたくさん借りて出来上がるものはやはり値段もそれなりに上がっていきます。分業制で多くの人の手を借りて出来るものもあれば、ひとりですべての作業を行う場合もありますが、手間をかければそれだけ価格に反映されるのです。逆に、機械化できる作業を取り入れたり、同じ型を使ってプリントをしていく作業を取り入れたものは、大量生産がしやすく、その分価格を抑えることが出来るのです。
もちろん価値があるものは、手間をかけたものであるのですが、その価値と手にした人の価値は必ずしも一致するものではありません。高級なものであっても、ほとんど着ることなくしまい込まれているより、手軽に着ることが出来るものの方が、その人にとって価値が高いものであるということもあるのです。どういった目的で着たいのか、見極めることは大切と言えるでしょう。

素人でも見極められるものもあります

ただ、スーパーで売られている野菜などとは違い、和服の価値を見極められる人はなかなかいないでしょう。それは、普段から和服に接していないために仕方のないことです。しかし、なかにはポイントを抑えることで価格の判断につながるものもあります。たとえば大島紬などでは、縦糸と横糸の絣によって柄を作っていきますが、この絣の細かさによって価格に差が出るという特徴があります。細かい絣柄は、より手間をかけて作られているために、値段も高くなる傾向があります。もちろん、絣だけで価格が決められているわけではありませんから、これだけで高い安いと決めることは出来ませんが、素人が選ぶときには一応の判断基準になるでしょう。
着物を選ぶ際には、最低限の知識を持つことで、素人でも価格に見合ったものを選ぶことが可能となるのです。

圧倒的な品揃え、実績13年の信頼、きものネット通販No1です。 新着の着物やお買得の着物をリーズナブルな料金で多数品揃えしており、柄や全体のイメージも複数の写真で確認していただけるようにしております。 当社は他社と違い、きもののデザインや素材には大変種類があり、どんな幅広い年齢層の方に着用してもらえると自信を持っています。 袋帯、名古屋帯、八寸帯、各種をフォーマル、洒落多数掲載中です。 着物は値段が高いと思われがち!お値打ち価格の着物はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加